ビタミンは、私たちの目の働きにとても貢献しています。ビタミンが不足すると目が正常に機能しにくくなったり、視力が下がってしまったりする可能性もあります。食品や目薬でビタミンを摂取できますので、意識して摂取することをおすすめします。



目に対するビタミンの働き



ビタミンは、私たちの健康な目を保つために欠かせない栄養素です。

ビタミンといってもさまざまな種類があり、ビタミンが持つ働きは種類ごとに異なるため、覚えておくと良いでしょう。

 

目の水晶体には、ビタミンCが多く含まれています。

目が疲れているとビタミンCが減少しがちになり、水晶体の機能が低下する可能性があります。

 

また、目の健康や網膜細胞を正常に保つためには、ビタミンA必要です。

ビタミンAが不足すると、角膜に影響があり、視力が下がってしまうこともあります。

 

そのほかに、ビタミンB1は目の周辺の筋肉の疲労を和らげる効果があり、ビタミンB2は目の充血に効果があります。

 

 



目から?口から?どう摂る?ビタミン



ビタミンを摂取する方法は、目から摂る方法口から摂る方法のふたつに分けられます。

例えば、コンタクトレンズ用の目薬は、目に潤いや栄養を与える効果があります。ビタミンが配合されているタイプもあるため、使用してみることをおすすめします。

 

日常の食事でも、ビタミンを摂ることが可能です。

例えばビタミンCの場合、生の野菜や新鮮な果物などに豊富に含まれており、ビタミンAは、かぼちゃにんじん、焼きのりなどに豊富に含まれます。ビタミンB1はたらこや豚ヒレ肉、ビタミンB2はレバー類などに豊富に含まれています。

 

例えば朝食に生野菜や果物を、外食のときも積極的にビタミンが含まれるメニューを選ぶなど工夫してみましょう。

 

 



今回は、目とビタミンについてご紹介しました。ビタミンを積極的に摂り、健康な目をキープしましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ