コンタクトレンズにかかるお金は、レンズ以外にも眼科やケア用品などの費用がありますが、それほど大きな金額ではないため、心配しすぎる必要はありません。コンタクトレンズにかかる一連の費用について、覚えておくとよいでしょう。



眼科でかかる費用



コンタクトレンズは高度管理医療機器のため、初めて装用する場合は、必ず眼科医の許可を受ける必要があります

基本的には、コンタクトレンズの販売店で紹介された眼科医で、視力検査や目の状態などの診察を受け、処方に基づいてコンタクトレンズを購入することになります。

その後も眼科で定期検査を受ける必要はありますが、コンタクトレンズの購入自体は、2回目以降は処方箋がなくても購入できるところもあります

 

眼科の検診で初回にかかる費用は、眼科にもよりますが千円~数千円程度です。

保険が適用されるため、それほど大きく金額が変わることはありません。

初めてコンタクトレンズを購入するときは、眼科にかかる費用も忘れずに持参しましょう

もし保険証を忘れた場合であっても、後からそのときの領収書と保険証を持っていくと、差額分を返してもらえます。

 

 



コンタクトレンズ購入時の費用



コンタクトレンズは、ハードやソフトといった種類のほかに、使用期間やメーカーによっても価格が異なってきます

 

費用の目安として、ハードレンズの場合は両眼8,000円程度で、破損がなければ、購入時から数年間は使用できます

ただし、紛失してしまった場合は新しくレンズを購入しなおすことになるため、注意しましょう。

 

ソフトコンタクトレンズの場合はワンデータイプが両眼・1か月分で4,000円程度、2週間交換タイプが両眼・1か月半で4,000円程度、1か月交換タイプが両眼・3か月分で6,000円程度となります。

 

長期的に考えた場合、ハードコンタクトレンズが最も安く、ワンデータイプのソフトコンタクトレンズが最も高いという計算になります。

しかし、コンタクトレンズの装用頻度が少ない人の場合、結果的にワンデータイプの方がお得になることもあります。

自分のライフスタイルに応じて決めるとよいでしょう。

 

 



ケア用品の費用




ワンデータイプのコンタクトレンズ以外は、レンズケアが必要になるため、ケア用品の費用がかかります

具体的には、レンズの洗浄・消毒・保管などを行うための洗浄液が必要となります。

洗浄液の費用の目安は、2本セットで1,000円~1,500円程度と、それほど高価ではありません。

また、1本あたり1か月程度は持ちます。

 

そのほかに、レンズを保管するためのレンズケースが必要です。

数か月に一度は、衛生上の理由から新しいものに変える必要がありますが、数百円程度で購入できます。

 

また、目の乾燥や充血などを防ぐため、市販のコンタクトレンズ用の目薬もあった方がよいでしょう。

こちらも、数百円程度から販売されています。

 

ケア用品にかかる費用は、1年間で1万円~程度あれば足りると考えておいてよいでしょう。

 

 



メアシスの通販でお得に購入しよう♪



定期的にかかる、コンタクトレンズにまつわる費用。

コンタクトレンズや各種ケア用品にかかる費用を安くするためには、メアシスの通販サイトでの購入をおすすめします。

 

メアシスを利用するメリットとして、

 

・販売店で購入するよりも安い価格になっている

・会員になると、100円のお買い上げごとにポイントがたまる

・レンズのまとめ買いをするとさらにお得になり、ひと箱あたりの価格が安くなる

・定期購入に申し込むと買い忘れがなくなるだけでなく、ゴールド会員となりポイントが3倍になる

全品送料無料

 

などがあります。

 

同じ商品を購入するのなら、お得に買いたいですよね。

また、レンズやケア用品をまとめて購入することでポイントもたまり、さらにお得に買い物ができます。

 

 



今回は、コンタクトレンズにかかる費用についてご紹介しました。お得に購入できる通販サイトのメアシスを、ぜひ活用してみてください。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ