カラコンは瞳を魅力的に見せてくれます。そのため、外出するときはいつもメイクをするように、カラコンもいつも装用していたいですよね。そのような、「毎日カラコンしたい!」とお思いの方には、1か月使えるナチュラルタイプのカラコンをおすすめします。



1か月タイプのメリット



1か月タイプのカラコンは、ワンデーや2weekよりコスパが良いです。フェアリーのワンデータイプと1か月タイプで比較してみましょう。

メアシスのサイトでみると、フェアリーワンデーは1箱10枚入りで約1,500円。1日2枚使うので、1か月=30日だと6箱必要で、費用は1,500円×6箱=9,000円になります。毎日、使い捨てるのでケア用品はいりません。

一方の、フェアリー1か月タイプは1箱2枚入りで約3,000円。1箱で1か月分です。ケア用品の価格を1,500円とすると、計4,500円。1か月毎日使用すると、1か月タイプはワンデータイプの約半分のコストということになります。

この差は大きいですね。毎日使うなら、1か月タイプが良いといえます。




1か月タイプで注意することは?



トータルでみると、1か月タイプはワンデータイプや2weekタイプよりコスパが良いことは分かりましたね。

ただ、1枚当たりの価格はワンデータイプや2weekタイプより高いので、紛失や破損で1枚使えなくなったときの損害は大きくなります。ワンデータイプであれば、1枚使えなくなっても、新しい1枚を使いやすいですが、1か月タイプを使い始めて1日目で紛失や破損したりすると、ショックが大きいです。より慎重にレンズを取り扱うことが必要になります。

また、1か月タイプは毎日の洗浄が必要です。こすり洗いをする場合、手を清潔にして、レンズ片面につき20回ほど、手のひらの上で前後に動かしてこすり洗いをします。レンズ1枚につき表面と裏面、両目分で2枚を洗うので、毎日、計80回ほどこすることになるわけで、結構な手間がかかります。面倒だからといってこする回数が少ないと、落としきれなかった汚れが日々たまっていくので、衛生面でも良くありません。必ず、しっかりとこすり洗いをしましょう。



ナチュラルタイプは幅広く使える




デザインや色がナチュラルなカラコンはシーンを選ばず、使用することができます。自分の元の瞳の大きさを少しだけ大きく見せたり、瞳の色を少しだけ明るく見せたりして、ナチュラルでありながらより魅力的にします。また、カラコンを装用したことがない方でも使いやすくおすすめです。

1か月タイプのカラコンを使うなら、やっぱり1か月間、毎日使いたいですよね。仕事のときに使えないとなると装用できない日も多くなるでしょう。ナチュラルタイプのカラコンであれば、仕事でもプライベートでも使えるので、毎日装用することができます。

そのため、1か月タイプのカラコンなら、デザインや色はナチュラルタイプがおすすめです。



シンシアのフェアリーナチュラルがおすすめ



シンシアのフェアリーナチュラルは、1か月タイプでナチュラルタイプのカラコン。日本人の瞳に近いナチュラルな色合いで、普段使いするのにぴったりです。着色直径は13.7ミリメートルで、ナチュラルさを失わずに少しだけ瞳を大きく見せます。サンドイッチ製法で、色素が直接目に触れないので、安心感もあります。ブラックとブラウンの2色展開です。

1か月タイプのメリットと注意点、ナチュラルタイプのメリット、そして1か月使えるナチュラルタイプのカラコンの商品を紹介してきました。

ナチュラルタイプのカラコンは初めてでも抵抗なく使えると思いますので、ぜひ試してみてください



1か月タイプのメリットと注意点、ナチュラルタイプのメリット、そして1か月使えるナチュラルタイプのカラコンの商品を紹介してきました。ナチュラルタイプのカラコンは初めてでも抵抗なく使えると思いますので、ぜひ試してみてください。
 

メアシスおすすめ☆1か月タイプのナチュラルカラコン



フェアリー ナチュラル ダイヤモンドブラック×2箱

シンシアのフェアリーナチュラルブラックは、元の瞳の色に自然となじみながらも瞳の輪郭をハッキリとさせ、印象深い瞳に仕上げます。



フェアリー ナチュラル ガーネットブラウン​×2箱

シンシアのフェアリーナチュラルブラウンは、日本人の瞳の色に近いナチュラルなブラウンで、ほんの少し色を明るくして、やわらかい印象に仕上げます。


関連記事一覧

新着記事

関連タグ