バイクに乗るとき、コンタクトかメガネのどちらがよいのかは気になるところです。コンタクトレンズの場合は必ずメガネを持っていくようにし、もしものときに備えましょう。また、風などから目を守るバイク用のサングラスを使うのもおすすめです。



バイクに乗るときにコンタクトにするメリット・デメリット



バイクに乗るときにコンタクトレンズを装用すると、景色などがクリアに見えるのがメリットです。メガネのズレなどを気にせず運転ができますし、フルフェイスヘルメットにメガネが当たって見えにくい、ということも避けることができます。

ただしバイクに乗るとき、ゆっくり運転している分にはコンタクトレンズを装用していても問題ありませんが、ツーリングや仕事の配達など、ある程度のスピードを出すときには、コンタクトレンズはあまりおすすめできません。スピードを出しているときに目にゴミなどが入ってしまうと、視界が悪くなったり目の痛みを感じたりして、運転がしにくくなる可能性があるためです。高速道路の場合は途中で止まることも難しいため、危険です。



コンタクトでバイクに乗るときの対策は?



コンタクトレンズを装用してバイクに乗るときは、必ずメガネも持っていくようにしましょう。コンタクトレンズを途中でなくしてしまう可能性もありますし、目に痛みや違和感などを持ったまま運転を続けることは大変危険です。メガネを用意しておけば、万が一トラブルが起きた時にメガネに切り替え、運転を続けることができます。また、使い捨てコンタクトレンズの場合は、予備用のレンズも持っていきましょう。

フルフェイスヘルメットではなく、ジェットヘルメットをかぶって運転する場合は、バイク用のサングラスなどを使用するとよいでしょう。風が目の中に入ってくるのを防ぐことができるため、おすすめです。

どちらにしても、スピードの出し過ぎには注意し、もし目に異変が起きた時に止まれるようにしておくことが必要です。


 

今回は、バイクに乗る時のコンタクトレンズについてご紹介しました。安全運転を心掛け、コンタクトレンズ使用の場合もメガネや予備のレンズを持参しましょう。
 

メアシスおすすめ!バイクに乗る時のコンタクトレンズ



ボシュロム メダリストワンデープラス(30枚)



アルコン デイリーズアクア(30枚)



アイレ プライムワンデー(30枚)


関連記事一覧

新着記事

関連タグ