コンタクトレンズを装用していると、どうしても裸眼に比べて目に負担がかかりやすくなります。意識して目を休めることで、クリアな視界を守ることができるでしょう。数分間目を閉じるだけでも、大きな効果があります。



目を休める方法



日常のなかでは、知らないうちに目を酷使して疲れさせていることがあります。

忙しいなかでも、意識して目を休めることを心掛けたほうがよいでしょう。

 

簡単に目を休めることができる方法のひとつとして、「目を閉じること」があります。

目を開けているだけでも、光やあらゆる情報が入ってくるため、目は疲れています

目を閉じると目のピント調節をしなくて済み、情報も遮断されるため、リラックスさせることができます

 

また、目を閉じている間は眼球を動かしたり、目の中の涙が蒸発したりすることもありません。

お金もかからず気軽にできる方法として、目を閉じるのはおすすめです。

仕事や勉強の合間に数分間目を閉じるなど、日常生活に取り入れてみましょう。

 

 




疲れ目を予防する方法



疲れ目を予防する方法のひとつとして、「目の周りを温める」があります。

目の周辺の筋肉を休ませ、血行を促進することで、疲れ目を予防したり和らげたりすることができます

自宅でできる方法として、タオルを濡らして電子レンジで温め、40度程度に冷まし、たたんだ蒸しタオルを目の上に数分間乗せるという方法が効果的です。

 

そのほかに、忙しいなかでも十分な睡眠を取ることを心掛けましょう。

睡眠は身体の疲れを取ってくれることはもちろん、疲れ目の予防にも効果があります。眠る時はずっと目を閉じている状態のため、光をシャットダウンした状態で、目や周辺の筋肉を休ませることができます。

理想は、1日6時間以上の睡眠です。

 

 



今回は、目を休める方法をご紹介しました。コンタクトレンズを長時間装用していると、疲れ目になりやすいもの。無理をせず、意識して目を休ませてあげましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ