「自分の近視や遠視が、将来子どもにも遺伝するのではないか」と考える人もいるかもしれません。近視は遺伝することもありますが、遠視は視力と遺伝の関係性は確実ではありません。近視や遠視は矯正可能ですので、それほど遺伝を心配する必要はないでしょう。



近視は遺伝する!



近視は、目のピントが網膜の前の方で合い、遠くのものが見えにくくなる状態です。近視には、遺伝環境2つの要因が考えられます。

 

遺伝の場合は、6歳頃から近視の症状が現れます。両親のどちらかの家系に近視の人が多い場合には、先天性の近視である可能性があります。遺伝の場合は、強めの近視であることが特徴です。

 

それ以外に、小さい時からの環境も近視の原因になります。遺伝でなくても、近視になる可能性はあるのです。最近は小学校のうちからパソコンやゲームばかりしていたり暗い場所でマンガや本を読んだりするようなことを続けている子どもも多く、それらは近視が進行する原因になります。近視を防ぐためには、普段から正しい目の使い方をすることが必要です。

 

 



遠視は遺伝する?



 

遠視は、目から入った光を網膜上の後ろの方で結ぶためピントが合いにくくなるという症状で、子どもの頃に起きることが多い症状です。軽めの遠視であれば特に日常生活に支障はありませんが、遠視が強くなると、近くも遠くも見えにくくなります。しかし成人までには治ることがほとんどで、強い遠視の場合はメガネやコンタクトレンズなどで矯正することができるため、さほど心配はいりません。

 

例えば遠視の人で、両親どちらかの家系に強い遠視の人が多い場合には、自分の遠視が遺伝のものによる可能性がゼロではありません。しかし、DNAは両親から半分ずつ子どもに引き継がれますから、遠視がそのまま子どもに遺伝する可能性は決して高いとはいえません。

 

 



今回は遠視や近視が遺伝するのかについてご紹介しました。多少の遺伝はするものの、気にしすぎる必要はないようです。近視の場合は遺伝よりも、小さいときからの環境が大きいので気をつけましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ