目の疲れなどをそのままにしておくと、肩こりや吐き気など、目以外の部分に影響が出てしまうことがあります。目によい食べ物を積極的に摂ったり、目を酷使しないようにするなどして、健康な目を維持しましょう。



バランスの良い食事をとろう!



一般的に「目によい」と言われるブルーベリーには、アントシアニンという栄養素が含まれており、目の機能の向上や目の疲れなどに効果があります。
カシスなどにも、アントシアニンが多く含まれています。

ビタミンAには目の粘膜を守ってくれる効果があり、コンタクトレンズの使用で心配なドライアイなどを防いでくれます。
食材ではほうれんそう、かぼちゃ、にんじん、うなぎなどに多く含まれています。
また、ビタミンB1、B2などのビタミンB群と呼ばれる栄養素には、目の疲れを和らげる効果があります。これらは牛乳、アボカド、豚肉、納豆などに多く含まれています。

毎日の食生活の中で、これらの栄養素が含まれる食べ物を意識して取り入れると目の健康に繋がるでしょう。

 




目の健康は全身の健康と繋がっている!



目は、全身の健康にも影響を与えることがあります。
例えば長時間仕事をして目が疲れた時、同時に肩こりなどの症状に悩んだことはないでしょうか。
目の周辺の筋肉はほかの部分に比べて薄くなっているため、目に疲れがたまると、首~肩の筋肉の血行が悪くなり、肩こりなどが起きやすくなります。

また、ずっとパソコンの画面を見ていることなどが続くと、まばたきの数が少なくなったり、目のピントを調節する機能に負担がかかってしまいがちです。
「目が疲れたな」と感じる前から、目を閉じてリラックスしたり遠くの景色を眺めたりするなどして、目を休ませてあげると、目の疲れを予防することにも繋がるでしょう。

 



今回は、健康な目を維持するための方法についてご紹介しました。栄養をしっかりとって、目をゆっくり休ませることが大切です!
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ