コンタクトレンズを使用していて、目に異常を感じた経験はありませんか?目の病気は悪化すると、視力低下や最悪の場合は失明することもあるので、決して甘く見てはいけません。コンタクトレンズを正しく使用して目の健康を守りましょう。



コンタクトレンズ使用者は結膜炎という目の病気になりやすい?



コンタクトレンズ使用者がよく発症する結膜炎は、原因に関わらず、結膜に炎症が起きることを言い、充血や、目ヤニ、異物感といった症状が出ることが特徴です。
結膜炎はウイルスや細菌が住みついて起こる感染症と、花粉やハウスダストが原因で起こる非感染症に分けられます。
ほとんどの場合は、汚れた手で目をこすった際や、コンタクトレンズを装着した際に細菌や花粉などが目に入ることで発症します。

多くの場合は点眼薬を使えば短期間で治りますが、感染性結膜炎は人に移る病気です。ですから、発症している間は、目をこすらないことや、タオルや目薬の使いまわしをしないように気をつけなければなりません。コンタクトレンズの使用も、悪化する要因となるので完治するまでは控えましょう。

 




眼病の原因とは?コンタクトレンズを正しく使って健康な目を保とう



コンタクトレンズを使用するには、使用方法を守ることや、ケアを怠ってはなりません。
決められた使用期間は守り、外した際はしっかりとこすり洗いをして汚れを落としてください。また、装用する際も手をキレイに洗い、清潔な手でコンタクトレンズを扱いましょう。

目にコンタクトレンズを入れることは、少なからず目に負担をかけています。目の乾きや疲れは、目の抵抗力を低下させ、眼病に感染しやすくなる原因となります。
乾きを感じたら目薬を使用することや、疲れを感じたらコンタクトレンズを外すなど、少しでも目の負担を減らしてあげることが眼病予防につながります。

 




今回は目の病気になる原因と対処法について紹介しました。コンタクトレンズをつけていると、目に異常があっても自分では気が付きにくく、症状を悪化させてしまうことがあります。3か月ごとの定期検診を受診されることをおすすめします。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ