コンタクトレンズは、メガネと違って顔の印象を変えることがないので目が悪い人に人気のアイテムです。
しかし、その手軽さの反面様々なトラブルも起こってしまいます。
なかでも装用時に目が乾くトラブルに悩む人は多いのではないでしょうか。
そこで今回はコンタクトレンズによって起こる目の乾きの改善方法についてご紹介します。




点眼薬と装着液を使い分けよう



一般的に目薬と言われる点眼薬と、コンタクトレンズの装用前に使う装着液ではその使い道と効果が違います。
まず、コンタクトレンズを装用した状態や外出先での使用に便利なのが点眼薬です。

コンタクトレンズを外すことなくその場で目の潤いを補充できるので、点眼薬を持っている人は多いのではないでしょうか。しかしその反面、使い過ぎると涙の分泌量の減少を引き起こすデメリットもあります。

そこで慢性的な目の乾燥が気になる場合やドライアイの場合は装着液がおすすめです。
この装着液は装用前のコンタクトレンズに垂らして使うことで、目とレンズの間に留まって乾燥を防いでくれます。
点眼薬で目の乾燥の改善が見られない場合は、この装着液と使い分けることで効果が期待できるでしょう。

 




適度に目を休ませることで乾燥を防ぐ



目が乾く原因には眼精疲労があげられます。
例えば長時間パソコンでの作業をしていたり、運転をしていたりすると目は疲労を感じいろいろな症状が出てきます。
なかでもかすみ目や乾燥は多くの人が感じる症状といえるでしょう。これを眼精疲労と言い、この眼精疲労状態が続いてしまうとドライアイの原因になりかねません。

そこで大切なのが適度に目を休ませることです。
蒸しタオルを数分間まぶたの上に乗せたり、入浴時にマッサージを行ったりすると効果的なので毎日のケアに取り入れてみましょう。
もし外出先で目の疲れを感じた場合は、メガネに付け替えると疲れを和らげてくれるのでおすすめです。


 




今回はコンタクトを使っているときの目の乾きについて紹介しました。目を酷使しすぎると、視力の低下や健康上も良くありません。適度な休憩を挟んで目を休めることが重要です。
 

 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ