コンタクトレンズ使用時にレンズがずれることはありませんか?コンタクトレンズがずれると不快感がありますし、そのまましていると目に傷が入ってしまうこともあります。
そこで今回はコンタクトレンズがずれる原因とその対策についてご紹介します。




コンタクトレンズがずれる原因とは


コンタクトレンズがずれる原因は多々ありますが、ここでは代表的な原因をいくつかご紹介します。


左右のコンタクトレンズが逆

コンタクトレンズは左右それぞれ違います。
これを間違って付けてしまうとずれたような不快な感じがあるでしょう。

裏表が逆になっている

コンタクトレンズには裏表がありますが、ものによってはその違いが分かりづらいものがあります。
間違ってつけると外れてしまいそうなずれ感を感じるでしょう。

カーブやサイズが合っていない

コンタクトレンズにはその人にあったカーブやサイズがあります。
これを間違って購入してしまうと違和感があります。

コンタクトレンズの汚れ

コンタクトレンズが汚れていると目がゴロゴロするような違和感やずれが生じます。
また、レンズがくもっている場合は視界も悪くなりがちです。






ずれやすい時の対策方法とは


コンタクトレンズをしていると位置がずれているような感覚がある、位置を直してもすぐにずれてしまう。そんなときは一度コンタクトレンズを外してみましょう。

目の疲れなどで目が乾いていると、コンタクトレンズがずれる原因になります。
一度外して目を十分に休ませる、点眼薬で潤いを与えることなどがずれないための対策になります。また左右裏表が逆のままつけていた場合は直すだけでずれなくなります。
しかし、何をしてもコンタクトレンズがずれる感覚がある場合は目の病気の可能性があるので注意が必要です。なかでも花粉症やドライアイなどは代表的な病気なので、慢性的に症状が続いてしまう可能性があります。
この場合はコンタクトレンズの使用を中止し、眼科の受診をすることが大切です。
早めの治療で症状を改善しましょう。


 



今回はコンタクトがずれる原因について紹介しました。コンタクトのずれは良くあることです。ただ原因を知っていることによって、ずれたときに正しい処置が行えるようになります。


関連記事一覧

新着記事

関連タグ