なんだか最近コンタクトレンズを使っていると眼が疲れるなんてことありませんか?
コンタクトレンズはどの年齢でも使えますが、目に直接入れることによって負荷がかかるので長時間付けているのはあまり良くありません。
年齢によって見えづらくなったな、と感じたら遠近両用コンタクトなどの特殊なコンタクトに変更してみる必要があります。




コンタクトは何歳までつけられるの?



視力が悪い人にとって、コンタクトレンズは必需品です。
ずっと使っていたいけれど、コンタクトに使用年齢はあるのでしょうか。

コンタクトレンズは管理や使用方法を適正に使えば、何歳でも処方してもらえます。
ただ一定の年齢を超えると眼のピントを合わせる力がだんだんと弱まってきて、コンタクトをつけているけれど視界がぼやけて見えづらいという症状がでてくることがあります。

そういった場合は、眼鏡とコンタクトを併用して対応すると良いでしょう。
見えづらさが頻繁になってくる場合はコンタクトレンズ自体の度を今までより少し下げてもらうと、遠くを見る視力は弱まりますが、眼への抵抗がやわらぐので負担が減る場合があります。

 



老眼には遠近両用コンタクトが便利♪



老眼と聞くとなんだかネガティブな印象を持たれがちですが、まだ大丈夫なんて言いながら合わないコンタクトレンズを使用していると、視力の低下はもちろん、眼の周りの筋肉がピントを合わせようと頑張るので、場合によってはしわやたるみの原因になってしまうこともあります。

そんな、老眼によって見えづらくなってきた場合は、遠近両用のコンタクトレンズに替えることで快適に見えるようになります。
今はハードやソフトのほとんどの種類で遠近両用のコンタクトレンズがでてきており、眼科で相談すれば、適切なコンタクトを処方してくれます。

さらに老眼は、近くを見るゾーンと遠くを見るゾーンの2か所が存在していることが特徴です。
まずは慣れることからなので、気になったら眼科に相談してご自分の眼にあわせて早めにシフトチェンジしましょう。


 




さて、今回は遠近両用コンタクトについて紹介しました。
最近は乱視以外にも特殊なコンタクトがありますので、無理に今のコンタクトを使い続けようとせず、眼科で相談するようにしましょうね。
 

メアシスおすすめ!遠近両用コンタクトレンズ



ボシュロム メダリストマルチフォーカル Low



アルコン エアオプティクスアクア遠近両用


関連記事一覧

新着記事

関連タグ