コンタクトレンズを使用している人は、眼鏡と併用していることが多く、コンタクトを使わない日がある場合があります。
そんなとき、コンタクトの保存期間はどのくらい見ておけばよいのでしょうか。
実は、コンタクトレンズには開封・未開封でそれぞれ使用期限が設けられています。
今回はそんなコンタクトレンズの正しい保存期間についてご紹介します。




未開封のコンタクトレンズの場合



最近ではコンタクトレンズ店やインターネットショップなどで安く購入できるようになったコンタクトレンズですが、安さゆえに大量購入したまま期限が切れてしまうケースも少なくありません。

コンタクトレンズの使用期限は箱に明記されていますので、購入したらまず箱に書いてある使用期限をチェックしましょう。
そして、この期限を過ぎてしまうとたとえ未開封であっても使用することはできません。
コンタクトレンズは直接目に付けて使用するものですから、期限を守らなかったり使い方を間違えたりするだけで病気の原因となってしまいます。

 




開封後のコンタクトレンズの場合



使い捨てのコンタクトレンズにはさまざまな種類が存在します。
具体的には1日使い捨てのワンデーや2週間使える2WEEK、1か月使える1MONTHなどがあげられます。

2WEEKや1MONTHは使い勝手が良いですが、これは使用している日数ではなく開封してからの日数のことを示します。
たとえ開封してから使用期間内に1日しか使用していなかった場合でも、この期限を過ぎると使用できません。
仮に使用した場合は、目を傷付けてしまったり病気の原因となってしまったりしまいますので、間違えないように注意しましょう。

使わない日が多い場合は、使い捨てタイプのワンデーを使うと良いでしょう。


 




今回はコンタクトレンズの保存期間について紹介しました。
たとえ使っていなくても、使用期限を過ぎたコンタクトレンズは使わないようにしましょう。また、開封した際には開封日をメモしておくなどして、常に清潔なコンタクトを使用するようにしましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ