目がチクチクとしたり、目やにが出たり、さかまつげのトラブルに悩む方は多くいることでしょう。自分でさかまつげを治すことはできませんが、まつげが当たらないように対処する方法はあります。心配されるコンタクトレンズの装用についてもご紹介します!



さかまつげとはどんな状態?



本来、まつげとはホコリや汗などの異物が目に入るのを防いだり、強い日差しから目を守る日傘のような役割をしています。

さかまつげとは、通常は眼球から外側に向かって生え目を守るはずのまつげが、内側へ向かって生える状態のことを指しますが、さまざまな原因や名前があることを知っていますか?

乳幼児に見られる「睫毛内反(しょうもうないはん)」、加齢からまぶたがたるむことでまつげが内側に入る「眼瞼内反(がんけんないはん)」、まぶたではなく、まつげの生え方の問題で内側に入ってしまう「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と原因によって分けられます。

いずれも、まつげが黒目に触れることによって、目が充血し、チクチク痛くなることや、目やにや涙が多くなってしまいます。

小さな子どもは光をまぶしがったり、まばたき異常に多くなったりといった症状があるようです。

 

 




さかまつげの対処方法



さかまつげ完全に治すということはできませんが、自分でできる対処方法はあります。

主に、抜く、ビューラーを使う、まつげパーマをかけるという3つの方法です。

 

まず、抜くという方法ですが、原因のまつげを抜いてしまえば確かに痛みはなくなります。

しかし、抜くときの痛みや毛根に傷をつけてしまって炎症を起こす心配もあり、あまりおすすめできる方法ではありません。

 

次に、ビューラーを使ってカールさせる方法です。こちらは手軽にできる方法ですね。

しかし、ホットビューラーを使ったとしても効果は数時間程度ですので、こまめにカールさせる必要があります。

 

そして、まつげパーマです。

抜いたりビューラーを頻繁に使ったりするよりも、まつげやまぶたへの負担は少なく、個人差はありますが1か月前後の効果が期待できます。

 

 



コンタクトレンズでさかまつげが解消?




さかまつげでお悩みの方のなかには眼鏡をかけている方もいます。

コンタクトレンズに挑戦してみたくても、ただでさえ目に異物感があるのに、コンタクトレンズを使用して良いものか考えてしまいますね。

 

コンタクトレンズを装用していれば、まつげが目に当たるのを防いで痛みが減る」というウワサを聞いたことがある方もいるでしょう。

確かに、まつげが黒目に当たって刺激することを防いでくれる効果はあるようです。

しかし、既にコンタクトレンズを装用している方のなかには、さかまつげの症状に気づいていないという方もいると言われています。

目の状態には個人差があるため一概に危険とは言えませんが、眼科によってはコンタクトレンズを販売してくれないところもあるようです。

 

コンタクトレンズがさかまつげに効果的!というウワサを信じたい気持ちも分かりますが、まずは眼科を受診することをおすすめします。

 

 



コンタクトレンズの使用に不安がある人は眼科医に相談を・・・



自分でさかまつげを対処することや、コンタクトレンズを使用することに不安や疑問を感じたら、眼科医に相談しましょう

さかまつげは、原因や状態によって処置もさまざまです。

まつげが黒目に当たっていなければ放っておいて様子を見ることもあります。

さかまつげが数本だけの場合は、定期的に眼科で安全に抜いてもらうという方もいます。

手術が必要なほどひどいさかまつげの場合は、切開をする方法や、切開はせず糸を縫い合わせることで形成する方法などがあります。

 

このようにそれぞれの状態によって対処方法も違うため、コンタクトレンズを使用したいとお考えの方は、眼科医に相談してみてくださいね。

コンタクトレンズ正しく使用すれば、安全で快適に日々を過ごすことができるアイテムです。

自己判断せずに、ぜひ眼科を受診してください。

 

 



今回は、さかまつげでお悩みの方に向けた対処法やコンタクトレンズの使用についてご紹介しました。自分でできる対処法もありますが、眼科医に相談することをおすすめします。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ