コンタクトレンズを日常的に装用していると、一度は破損やキズなどのトラブルに遭遇することでしょう。そのまま使い続けるのは危険です。破損やキズの原因を知り、対処法を身につけて安全で快適なコンタクトレンズライフを送ってくださいね。



コンタクトレンズの破損やキズの原因とは?



コンタクトレンズを装用していくなかで、目に違和感を覚えたことがある方もいることでしょう。

その違和感の原因は、コンタクトレンズの破損やキズかもしれません。

 

コンタクトレンズを装用している方は、毎日のように装用したり外したりしますよね。

コンタクトレンズを扱う際は、例えば、爪で目に見えない小ささのキズをつけてしまったり、指圧などで変形させてしまったりしている可能性があります。

こうした日々のちょっとした負担が積み重なって、コンタクトレンズに破損や目立ったキズをつけているようです。

 

また、コンタクトレンズを安心して装用するためには日々のケアや洗浄が欠かせません。

しかし、こうした日々のお手入れもまた、破損やキズにつながることがあります。

毎日のメンテナンスは重要ですが、過度なお手入れ大きなキズや破損の原因になることもありますので、注意しておきましょう。

 

 



破損したレンズの装用はNG!すぐに新しいものに交換しましょう



使用する頻度が高いものや、長期間にわたって使用するものは、使っているうちにどうしてもキズついてしまったり、破損してしまったりといったトラブルに見舞われがちです。

日常的に装用するコンタクトレンズも、ふとしたタイミングで破損してしまうことがあるでしょう。

 

コンタクトを装用している方のなかには、「ほんのわずかな破損やキズなら装用しても問題ないかな?」と考えている方もいるかもしれません。

しかし、コンタクトレンズは大切な目に装用し、あなたの視力をサポートしてくれる重要なもの。

いつでも安心・安全なものを装用するように徹底しましょう。

 

もしも、破損してしまったりキズがついてしまったりしていたら、すぐに新しいものに交換するようしてください。

 

 



コンタクトレンズの破損やキズを防ぐ方法!




毎日の生活のなかで装用するコンタクトレンズだからこそ、その破損を完全に防ぐことは難しいものです。

しかし、日ごろからの取り扱い次第で、なるべく破損しないように、キズがつかないようにすることはできます。

 

具体的には、装用する際や外す際には特に注意深く、丁寧に、やさしく扱うようにすると良いでしょう。

また、洗浄やケア、メンテナンスなどのお手入れは適度に、かつ、丁寧に行うよう心がけてみてください。

 

このほか、自宅での保管方法や外出時の持ち運び方法などにも気を配ってみると良いでしょう。

保管用、持ち運び用などのように用途に合った専用のレンズケースを用意するのも、破損やキズといったトラブルを回避するために有効です。

 

 



コンタクトレンズや目の異常に気がついたら



コンタクトレンズが破損しないように対処法と防止策を徹底したとしても、思いもよらぬ原因で破損してしまうこともあるでしょう。

コンタクトレンズや目の異常を感じたら、専門家に相談することをおすすめします。

 

例えば、「細かなキズのようなものがみられる」、「なんだか形がいびつな気がする」といったレンズの異常や、「目がゴロゴロする」、「目が疲れやすい気がする」などといった目のコンディションの異変を感じたら、眼科はもちろん、コンタクトレンズ専門店のスタッフなどに相談してみてください。

 

 



日々の生活のなかで装用するコンタクト。どんなに丁寧に扱っていても破損やキズなどのトラブルはつき物です。コンタクトが破損した場合はすぐに新しいものに交換する、コンタクトや目の異常に気がついたら、専門家に相談するといったように、安心・安全に装用できるよう心がけるようにしましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ