CTとは、コンタクトレンズの中心厚を指す数値です。厚みがありすぎると、個人差はあれど目が疲れやすいといった現象が起こりますので、数値をしっかり確認して選びましょう。また、カラコンのCTは、製造方法の関係から、レンズ自体の厚みが通常より増す場合もあります。



CTが薄いとどうなるの?



コンタクト購入時に必要なデータなどに記載されている「CT」は中心厚という意味で、レンズの中心部の厚さのことを指します。

CTの数値は、コンタクトレンズメーカーの製造方法などによって異なるため、種類によって異なります。

基本的に、ソフトタイプのコンタクトレンズよりもハードタイプのコンタクトレンズの方が、CTが厚めになっていることが多いです。

 

最近では、CTの薄さを売りにしたコンタクトも発売されています。

CTが厚すぎるタイプだと、人によっては装用していて違和感を持つこともあるようです。反面、CTが薄いと装用感がよくなり、より付け心地がよくなります

スポーツなどで動く機会が多い人は、CTが薄いタイプが適しているでしょう。

 

 




カラコンのCTは通常のレンズと比べて違うのか



カラコンのCTは、通常のコンタクトレンズと比べて大きな違いはないのですが、できればCTが薄いものを選んだ方が、目が疲れにくくなるでしょう。

 

カラコンは、レンズ自体が着色されているものです。

製造方法はさまざまですが、色素を2枚のレンズで挟んだ「サンドイッチ製法」で作られている場合、色素が直接目に触れることがないため安心な反面、他製法に比べるとレンズに厚みが出やすくなります

厚みのあるカラコンの装用を続けていると、目に負担がかかる可能性があるのです。

 

カラコンの装用時は、装用方法・装用時間をきちんと守る以外CTの厚みも意識することで、より快適に過ごすことができるのではないでしょうか。

 

 



今回は、コンタクトのCTについてご紹介しました。装用感にこだわるのなら、CTが薄いレンズを選ぶと安心です。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ