コンタクトレンズを購入する場合、レンズの曲がり具合を表わすBC(ベースカーブ)の数値が必要になります。そのほかにFCという数値もあります。FCとはレンズの外側部分のカーブのことですが、購入時には特に気にする必要はありません。



フロントカーブの意味



FCは「フロントカーブ」の略称で、目に直接触れないコンタクトレンズの外側部分のカーブのことを指しています。

コンタクトレンズは真っすぐではなく、目の形に合うようにカーブしています。

コンタクトレンズを購入する際に必要なのは「BC(ベースカーブの略称)」ですが、BC眼球に触れる部分の内側のカーブのことを指します。

 

例えばハードコンタクトレンズの場合、FCとBCのそれぞれに差をもたせることで、屈折させる機能を果たしています。コンタクトレンズの度数は、FCによって決められていることが多いです。

 

 



購入するときに見る必要はあるのか



コンタクトレンズを購入する際に、まず必要になるのが度数です。

ソフトコンタクトレンズの場合はレンズに柔軟性があるためBCが1種類であることがほとんどです。

 

一方で、ハードコンタクトレンズの場合にはBCの種類が細かく分かれているため、きちんと把握しておく必要があります。

そのほかに、乱視用コンタクトレンズの場合は乱視度数と乱視軸の数値を知っておかなければいけません。

 

FCに関しては、購入時に特に見る必要はありません

ハードコンタクトレンズの場合、BCが合わないと違和感を持つことはありますが、FCはレンズの外側のカーブですから、「FCが合わない」ということはあまりないと言えます。

度数やBCが合っていれば、FCを気にする必要はないでしょう。

 

 



今回は、コンタクトレンズのFCについてご紹介しました。購入時に必要になる数値ではないため、参考程度に知っておけばよいでしょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ