コンタクトレンズの乱視度数の見方は、「CLY」と「AX(AXIS)」という2つのそれぞれの数値で判断します。ネット通販で乱視用のコンタクトレンズを購入する場合は、これらの数値も選ぶ必要があるため、正しく把握しておきましょう。



乱視用コンタクトレンズとは



乱視用コンタクトレンズは、乱視の症状に合わせたレンズデザインになっているため、目の中でレンズが動きにくく、安定しやすいのが特徴です。

一般に、乱視の場合は角膜の形が別の方向にゆがんでいることから、ピントを一ヶ所に合わせにくい状態となります。

そのため、文字や景色が二重に見える、にじんで見えるなどの症状が現れます。

このような乱視の症状を矯正するためには、乱視度数を適切に合わせることはもちろん、角膜の方向を一定に合わせて見えやすくしなければなりません。

乱視用コンタクトレンズの場合、装用時に正しい方向がわかるよう、ガイドマークなどの印がレンズに書いてあることも多いです。

 

 



ネット通販で購入する際は注意



乱視度数は「CLY」というアルファベットで、0.25刻みの数値で表されます。通常の度数も、数値が大きいほど度数が強くなっていますが、乱視度数も同様です。

また、AX(AXIS)は乱視軸という見え方の角度を示しており、0度~180度までの数値で表されます。

乱視度数の目安として、±1.25~±2.00なら中度、±2.25~3.00なら強度の乱視であるといえます。

乱視軸の目安は、180度よりも±20度の場合は直乱視、90度よりも±20度の場合は倒乱視、それ以外は斜乱視となります。

例えばCLYが-1.25でAX(AXIS)が180度の場合、中度の直乱視ということになります。

ネット通販で乱視用のコンタクトレンズを購入する場合は、医師の処方箋を参考に、CLYとAX(AXIS)の数値を混同しないように注意し、正しく注文しましょう。

 

 



今回は、コンタクトレンズが外れた時の対処法をご紹介しました。いざという時に焦らなくて済むように準備しておくことをおすすめします。
 

メアシスおすすめ!乱視用コンタクトレンズ



ボシュロム メダリストワンデープラス乱視用(30枚)



アルコン デイリーズアクア コンフォートプラス トーリック(30枚)



ロート モイストアイ乱視用(6枚)


関連記事一覧

新着記事

関連タグ