コンタクトレンズを装用していると、まぶたが腫れてしまうことがあります。目に負担をかけず、清潔なレンズを使うようにすることで、まぶたの腫れを未然に防ぐことができます。腫れが気になるときは無理をせず、早めに眼科を受診しましょう。



原因として考えられるもの



コンタクトレンズを装用していてまぶたが腫れた場合、考えられる原因はいくつかあります。

例えば、化粧品の成分がレンズに付着して汚れていたり、着脱時に目の奥にゴミなどが入り込んでしまったりした結果、まぶたが腫れていることなどがあります。

また、ドライアイの症状のひとつとしても、まぶたが腫れることがあります。

ドライアイの症状には、目のかすみやかゆみ、充血などがありますが、まぶたの腫れが起きることもあります。

特に、日常的にコンタクトレンズを装用している人や装用時間が長い人はドライアイになりやすく、まぶたが腫れてしまうケースもあります

 

 



ここに注意することで防げる



コンタクトレンズを装用する人がまぶたの腫れを防ぐためには、レンズや目を清潔に保つ目に負担をかけないようにする、以上の2点に注意することがポイントです。

コンタクトレンズは目に直接装用するため、どうしても目の中にゴミなどが入りやすくなります。

装用前には必ず石けんで手を洗い、清潔な手で装用するようにしましょう。また、女性の場合は、化粧品の成分がレンズに付着しないよう、マスカラやアイラインなどのアイメイクをしすぎないことも大切です。

コンタクトレンズを日常的に装用する人は、装用時間を短めにしたり定期的に目を休ませたりするようにしましょう。目が疲れているときはメガネにするなど、使い分けるのもおすすめです。

 

 



今回は、コンタクトレンズ装用時の目の腫れについてご紹介しました。腫れがひかない場合は装用を中止し、眼科を受診するようにしましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ