好きな作家さんの本を買ったり、学校の課題で本を読むことになったり、友人からおすすめの本を借りたり、読書をする機会は意外とありますよね。落ち着いて本を読める場所を選び、目に優しい環境作りを心掛けましょう。



公園や図書館、カフェなどが一般的



ひとりで落ち着いて読書をするためには、場所選びも大切です。

混み合った飲食店や繁華街にあるベンチなど、人が大勢集まる場所では、周りの声が聞こえないほど集中しない限り、どうしても読書が進まないですよね。

 

読書に適している場所はいくつかありますが、そのひとつが図書館です。

「読書をする」ことを目的に集まっている人が多いため、静かな環境で集中できるでしょう。

カフェも、ファーストフード店などとは違ってある程度長居ができるお店も多いため、読書をする場所としておすすめです。

 

そのほかには、公園も読書に適しています。天気のよい日にベンチに座って読書をすると、意外と本の世界に入り込みやすいのでおすすめです。

 

 




読書を楽しむ為のコツ



読書を楽しむためには、適切な場所を選ぶことのほかにもコツがあります。

例えば、普段メガネをかけていて、メガネがずり落ちてストレスになりやすい人は、読書の時にはコンタクトレンズを使う。

逆に、普段コンタクトレンズを装用していて目が疲れがちという人は、読書用のメガネを用意すると良いでしょう。

 

自宅で読書をする際は、部屋が明るすぎると落ち着かないことがあります。

とはいえ、暗い場所での読書は目に悪いですよね。

手元に読書灯などを用意し、柔らかな光で読書をすると集中できるでしょう。

このように、ストレスなく快適に読書ができる状態にしておくことも、読書を楽しむコツです。

 

 


 

今回は、落ち着いて本を読める場所と読書を楽しむコツをご紹介しました。メガネやコンタクトレンズも使い分けて自分に合った環境でストレスなく読書を楽しみましょう。

 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ