本を読むのが得意でない人は、読書の習慣をつけるのは難しいと感じるかもしれません。しかし、外出した時のちょっとした時間にだけ読書をしたり、コンタクトレンズを活用して快適に読書をするなどの対策をすれば、続けられるようになるでしょう。



外でも予定の合間に読書をしてみよう!



読書は非日常を感じさせてくれたり、知らない世界に連れていってくたりする魅力的なものです。読書の習慣を身に着けることで、スマホやテレビなどからは得られない世界を知ることができるでしょう。

本は長いから苦手…という人も、無理をせずに少しずつ読み進めていくようにすると続くはずです。例えば、文庫本を持ち歩き、電車の移動時間や待ち合わせで相手を待っている時、仕事や学校の休憩時間など、ちょっとした時間に読書をしてみてはいかがでしょうか。




下を向きがちな読書はコンタクトがおすすめです。



読書をするとき、読書に没頭したいのに、下を向くたびにメガネがずり落ちてきて、イライラして集中力が途切れてしまうという人もいるかもしれません。コンタクトレンズなら、その心配はありません。

メガネのようにずれてくる心配がなく、心置きなく読書を続けることができます。視野も広いためストレスを感じにくく、快適なまま読み進めることができます。とはいえ、ずっと読書をしていると目が疲れてしまいがちです。数時間にわたって読書を行うときは、意識してまばたきを増やしたり、コンタクトレンズ用の目薬を点眼する、まめに目を休ませるなどの対策をしましょう。


 

今回は、読書を習慣化するためのコツをご紹介しました。コンタクトレンズを活用してストレスのない読書を楽しみましょう。

 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ