「コンタクトレンズを毎回洗うのが面倒…」そう考えている人もいるかもしれません。コンタクトレンズの洗浄液には、こすり洗いが必要ないつけおきタイプもあります。また、ワンデータイプのコンタクトレンズならば、面倒なケアは無縁になります。



こすり洗いが不要な洗浄液を使おう



コンタクトレンズの洗浄方法には、レンズに洗浄液をつけて指でこすり汚れを落とすこすり洗いと、洗浄液にレンズをつけて汚れを落とすつけおき洗いの2種類があります。
しかし、疲れている時や忙しい時、ついついこすり洗いを怠ってしまうことはありませんか?もしくは、ちゃんと洗っているつもりでも十分な消毒ができていなかったり、洗いムラが出たりすることもあるようです。

結果、レンズにキズがつく汚れが落ちきらず雑菌が繁殖するといったトラブルに繋がる恐れがあります。

 

そのような事態を避けたいなら、つけおきタイプの洗浄液を活用しましょう。このタイプは、過酸化水素を発生させ、ミクロレベルの泡で洗浄してくれます。

同梱してある専用のディスポカップにレンズと洗浄機を入れると、6時間かけて消毒及び洗浄液の中和をおこなってくれます。6時間以上たたないと使用できませんが、基本的に洗浄液につけておくだけでよいため、ついさぼりがちになってしまう人でも手軽に洗浄できてとても便利です。

 

 




ワンデーにすれば洗う面倒なし!



つけおきタイプの洗浄液はワンステップで便利ですが、さらに面倒を省く方法があります!

ワンデータイプのソフトコンタクトレンズにすれば、毎日レンズを洗う必要はなくなります。1日分ずつ個別包装されており、朝装用して出かけ、帰宅後にレンズを外してそのまま捨てれば良いため、非常に便利です。
洗浄液や保管ケースなどのケア用品も必要なく、旅行や出張などにも日数分のレンズを持っていくだけで良く、気軽に使うことができます。

 

ワンデータイプの場合は毎日新しいレンズを使用するため、いつも清潔なレンズを使うことができます。長期利用ができるコンタクトレンズの場合、きちんとケアをしていても、場合によっては汚れが取りきれていなかったり、キズがついてしまったりすることもあります。

また、保管ケースの中にも雑菌が繁殖しやすいので、まめにケースを洗うことも重要です。ワンデータイプなら、1日毎に付け替えるのでその必要はありません。

 

 



今回は、コンタクトレンズの洗浄についてご紹介しました。ついつい面倒に思いがちなレンズの洗浄ですが、健康な瞳を保ち続けるためには重要なことです。面倒な方は、衛生的なワンデータイプのコンタクトレンズ検討してみるのも良いでしょう。

メアシスおすすめ!ワンデータイプのコンタクトレンズ



ボシュロム メダリストワンデープラス(30枚)



アルコン デイリーズアクア(30枚)



アイレ プライムワンデー(30枚)


関連記事一覧

新着記事

関連タグ