自分の視力には関心があっても、自分のコンタクトレンズの度数をすぐに言える、という人は少ないかもしれません。PWRとはコンタクトレンズのパッケージなどに書かれているもので、コンタクトレンズの度数を表しています。



コンタクトレンズで度数を表すアルファベットは?



コンタクトレンズを作る時には視力を測定し、自分に適した度数のコンタクトレンズを作りますよね。度数が合わないレンズを装用しているとただ見えにくいだけでなく、目の疲れや視力の低下などにもつながるので、「見えにくくなった」と感じたら、早めに眼科を受診する必要があります。

 

自分の視力には興味があっても、コンタクトの度数について詳しく知っている人は意外と少ないかもしれません。
コンタクトレンズのパッケージなどに、「PWR」「D」「SPH」「P」などのアルファベットの隣に数字が書かれているのを見たことがある人もいるでしょう。これらはすべて、コンタクトレンズの度数を表わしています。
PWRは「パワー」、Dは「ディオプトリ」を意味しており、世界的に同じ基準で作られています。

 

 




遠視はプラスで近視はマイナス



コンタクトレンズの度数を示す数字は、「-0.25」「+0.75」などのように小数点単位で表わされます。度数の単位は、0.25単位で刻まれることがほとんどです。

ところで、「なぜ、度数にプラスとマイナスがあるんだろう?」と疑問に感じたことがある人もいるかもしれません。
これらは遠視と近視を意味するもので、プラスの場合は遠視、マイナスの場合は近視を表わしています。どちらも、視力が低いほど度数の数値は高いと考えておくと分かりやすいでしょう。
目安として、遠視の場合は+5.00以上近視は-6.00以上の度数は強い遠視・近視であるとされています。

 

なお、遠視や近視などの症状がない目の状態を正視と呼び「±0.00」と表されます。コンタクトレンズの度数は、正視に近づけることを目的とした視力矯正を行うためにある数字なのです。

 

 



今回は、コンタクトレンズを作る際に使われるデータについてご紹介しました。現在コンタクトレンズを使っている方はパッケージや処方箋などを見てみると新しい発見があるかもしれません。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ