「ハーフ顔って可愛いけど、実際になるのは難しそう…。」そう考えている人もいるのではないでしょうか?実は、メイクのテクニックで眉と目の幅を狭くしたり、明るい色のカラコンを使ったりすれば、あの「ハーフ顔」を作ることができるのです!



目と眉の幅はなるべく狭く、が常識!?



ハーフ顔メイクのポイント「目元」にあります。ハーフの方の、あの大きな目はとても印象的ですよね。メイクで目元をくっきりとさせ、彫りの深い顔立ちに見せるためには、目と眉の幅を狭くすることが重要です。ふだんのメイクより眉を太目に描くことで、目と眉の距離を近くすることができます。はペンシルで眉頭をやや内側から描いたあと、パウダーや眉マスカラなどを併用するとより効果的です。

 

アイシャドウブラウンゴールド系のものをアイホール全体に塗り、目尻に濃いブラウンのアイシャドウを塗るようにすると目元が際立ちます。アイライナーは、ペンシルで描く方が自然な印象になります。こちらもやや太目に描くようにするとよいでしょう。

 



ハーフ顔メイクにはやっぱりカラコンが欠かせない!



本格的なハーフ顔に見せるために欠かせないのが「瞳の色」。黒い瞳のままでは、メイクがばっちり決まっても、どうしても日本人っぽさが残ってしまいます。カラコンを使用するのとしないのでは、仕上がりのイメージが全く変わってきます。

 

ハーフ顔に見せるためには、グレーブラウン系のカラコンを選ぶと効果的です。外国人の方は日本人と違って、透き通ったような瞳をしていることが多いですよね。そのため、つけた時に発色のよい明るめのカラコンを選ぶようにするとよいでしょう。また、レンズにフチのないカラコンを選ぶと、よりナチュラルに見せることができます。あまり個性的な色を選んでしまうと、派手な印象になりがちなので気をつけましょう。

 



今回は憧れる人が多い「ハーフ顔」に近づくためのメイク方法についてご紹介しました。ポイントは「目元」です。メイクとともにカラコンを使用して憧れの「ハーフ顔」に挑戦してみましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ