コンタクトレンズのbcが瞳に合わないと、目の中でレンズがずれてしまう、目に圧迫感がある、などなんらかの症状が現れることがほとんどです。気になったら、自分の瞳とレンズのbcが合っているかどうかを確認することをおすすめします。



bcの定義



コンタクトレンズのパッケージや処方箋などには、度数やレンズの直径などのほかに「bc」というアルファベット表記があります。

bcは「ベースカーブ」の略で、コンタクトレンズの曲がり具合を示すものです。

湾曲した球体になっている瞳に合わせるため、レンズも真っすぐではなく瞳に合わせた形に曲がっています。

bcは「8.70」、「8.90」など、小数点単位の数値で表されます。

一般的なコンタクトレンズのbcは、8.70前後の数値になっていることが多いです。

基本的に、bc の数値が大きいほど曲がり具合が小さく数値が小さいほど、曲がり具合が大きくなります。

 

 




こんな症状が出たらbcが合っていない可能性あり!



基本的に、コンタクトレンズのbcが目と合っていない場合、何らかの症状が現れます。

例えば、目に対して曲がり具合が大きすぎる場合レンズが目の中で安定せずにずれやすくなり、違和感を持つことがあります。

逆に、目に対して曲がり具合が小さすぎると、目に圧迫感を感じることがあります。これらの症状があるときは、bcが合っていない可能性があるため、眼科などで相談することをおすすめします。

 

ハードコンタクトレンズの場合はレンズの素材が硬いため、bcが合わないと違和感が出やすくなります。

一方、ソフトコンタクトレンズは、bcが多少ずれていても問題なく装用できることが多いです。

 

 



今回は、コンタクトレンズのbcについてご紹介しました。コンタクトレンズのbcはメーカーによっても異なります。レンズの装用時に違和感を持った場合や、コンタクトレンズのメーカーを変える場合はbcをチェックしてみましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ