これまではカラコンが必需品だったという女子の間で、カラコンを卒業して色なしコンタクトに変えるという女子が増えてきています。メイクを工夫すれば、カラコンに頼らずにナチュラルにデカ目を作ることも可能なのです。



どうしよう!?カラコンなしの目力メイク!



最近ではナチュラルメイクがブームとなっていますが、今までカラコンをしてきた女子にとっては、カラコンをやめることで「目が小さいと思われたらどうしよう…」と不安に思う人もいるかもしれません。しかしメイクのコツをつかめば、カラコンなしでもデカ目を作ることができます。

 

アイメイクのポイントは、まずアイラインの引き方です。アイラインを黒目の上に太く引くようにすると黒目部分が大きく見えるようになり、デカ目に見せることができます。この時、粘膜にアイラインを埋めるような感じで丁寧に引いていくのがコツです。また、パウダーやペンシルなどでナチュラルな「太眉」を作ることで、ハーフ顔に見せてくれるため、デカ目に見える効果もあります。この時、自分のヘアカラーよりやや明るめの眉カラーにすると、垢ぬけ感が出るのでおすすめです。

 

 




カラコンと色なしコンタクトの装用感の違い



基本的に、ソフトコンタクトレンズは柔らかい素材でできているため目にフィットしやすく、装用感がよいことが特徴です。特に色なしコンタクトの場合、初めてコンタクトレンズを装用する人でも違和感があまりないため使用しやすいでしょう。慣れるまで装用後1週間ほどかかるハードコンタクトレンズと違って、すぐに慣れることができるというメリットがあります。

 

製品にもよりますが、色なしコンタクトよりもカラコンの方が、装用感に違和感を覚える人の割合が多いかもしれません。カラコンの場合はレンズに着色や柄があるため、自分の瞳と合うものを使用していれば問題ありませんが、瞳とレンズのサイズが合っていないなどの場合は、視界に色や柄が見えてしまうこともあります。

そのため、今までカラコンをしていた人が普通の色なしコンタクトに変えた場合、装用感が軽くより視界がクリアに見える場合もあるでしょう。

 

 



今回はカラコンを卒業してもメイクだけでデカ目に見せるための方法をご紹介しました。カラコンを使わない場合でもしっかりと目を大きく見せましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ