「目の下のクマ」とはよく聞く言葉ですが、種類があるのは知っていますか?種類によって原因も違うといわれているクマ。メガネからコンタクトにすると、今までフレームで隠れていたクマが急に目についてしまいます。クマをなくして明るい目元を作りましょう!



クマができる原因は一体何?



人を不健康に見せてしまう「目の下のクマ」は、目の下の皮膚が薄いために、目の周りにたくさん流れている血管やリンパの汚れている色が透けて見えている状態なのです。
◆青クマ
血行が悪くなっていると出る「青クマ」は、鉄分の多い食事をして体を温め、目の周りの緊張をほぐしましょう。
◆茶クマ
メラニンが原因の「茶クマ」は、紫外線ケアを怠っていたり、目の周りを強くこすり過ぎたりしていることで発生します。日焼け止めを塗って紫外線ケアを怠らないようにしましょう。
◆眼輪筋によるクマ
また、眼輪筋という目の周りの筋肉が衰えてできるクマもあります。眼輪筋が垂れ下がるとクマができるだけではなく、まばたきがきちんとできなくなり、ドライアイの原因にもなってしまいます。コンタクトやパソコンを使用する方にも多いドライアイ。眼輪筋をしっかりとトレーニングして防ぎましょう!

 



コンタクトで透明感をゲット&クマの解消法!



目の周りが黒くしぼんでいると、見る人に明るい印象を持ってもらいにくいです。
まずはメガネをコンタクトに変えて軽やかにして、クマのない透明感のある明るい目元を作りましょう。
食べ物や生活習慣を改善するのもクマ予防になりますし、眼輪筋を動かすことでドライアイの予防にも繋がります。
具体的には、「目を開いて閉じる」「8の字を書くように動かす」「寄り目にする」「ぐっと右を見る」「まぶしい目つきを10秒間する」などの方法があります。

眼輪筋は普段ほとんど使われていないため、意識して動かすと一重だった目が二重になったり、目が大きくなったり、涙袋が大きくなったりするなど若返り効果も期待できます。

 



今回は、コンタクトレンズで透明感をゲット&クマの解消法をご紹介しました。やり過ぎは禁物ですが、どの動きでもスッキリ感じるまで試してみるのをおすすめします。クマやドライアイを解消して、コンタクトレンズを快適に使用しましょう。
 

メアシスおすすめ!茶クマ用カラーコンタクト



アイコフレ1dayUV ナチュラルメイク



アイコフレ1dayUV リッチメイク



アイコフレ1dayUV ベースメイク


関連記事一覧

新着記事

関連タグ