カラコンはその名の通り、着色されたコンタクトレンズです。瞳の色を変えて、なりたい瞳のイメージにチェンジすることができます。では、今回のテーマであるブラウンのなかでも、色素の薄い瞳を演出するカラコンはどんな瞳のイメージになるのでしょうか?



ハーフタレントのような瞳になれる色素の薄いカラコン



「色素薄い系」という言葉が生まれるほど、世間では透明感のある白い肌や薄茶色の瞳に憧れる女性が増えています。色素が薄い瞳のイメージといえば、ピュアで清楚、透明感などといったものが挙げられますが、なぜそのようなイメージを与えることができるのでしょうか?

 

その理由は「生まれつきの瞳」を演出できるという点にあります。

カラコンには、様々な色や大きさ、瞳に奥行きを演出するグラデーションやドットなどのデザインが施されているものがあります。そのようなデザインによって、瞳をピュアなイメージへと変えることができるのです。

 

 

 

 




ピュアな雰囲気を醸し出そう!色素の薄いカラコンの選び方とは



カラコンにはフチありやフチなし、グラデーションや単色など様々な種類があります。

 

ピュアな瞳を手に入れるには、フチがないカラコンやフチがブラックではなく淡い色で着色されているカラコンを選ぶと良いでしょう。全体的に色が淡くて、中央付近まで着色も控えめなものを選ぶと、瞳が強調されすぎず自然な印象を与えることができます。まるで生まれつきのような瞳に見せることができるのです。

 

とはいえ、カラコンの色が多すぎて自分で選ぶのは難しいという方におすすめなのがブラウンです。ブラウンにも種類があるため、髪の色や化粧、生まれつきの瞳の色を考えて選ぶとより自分に合ったものを選べるでしょう。初めての方でもなじみやすく、男性女性に限らず人気があるのもブラウンです。

また、ピュアな印象を与えるのであればフチがはっきりとあるサークルレンズを選ぶのは避けることをおすすめします。

 

 

 

 


 

カラコン自分の瞳に合わせた色素の薄いカラコンを使用してみると、ピュアな印象を目元に与えられるかもしれません。カラコンを使ってより魅力的な瞳を演出してみましょう。

 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ