アイメイクをしたらコンタクトレンズに曇りがついて取れなくなってしまった、目がゴロゴロして痛いという方はアイメイクがコンタクトに悪影響を与えている可能性が考えられます。でも、正しい方法でアイメイクをすればそんな悪影響も防ぐことができます。



コンタクト装用時のアイメイク注意点は?



化粧品は油性の物が多いので、コンタクトレンズに付着してしまうとなかなかとれなくなり曇りの原因となってしまいます。それが原因で目の異物感や充血といったトラブルにつながることもあります。

 

ですので、メイクをしたあとの手でコンタクトレンズに触れることは禁物です。必ず、コンタクトレンズは清潔な手で扱い、メイクをする前に入れるようにしましょう。

 

それから、メイクを落とす際にも注意が必要です。クレンジング剤の成分は、コンタクトレンズを変形させてしまう恐れがあります。メイクを落とす際はコンタクトレンズを先に外すようにして下さい

 

また、目に異物が入ることを避けるため、アイシャドウはラメ入りのものを使わない、マスカラはウォータープルーフのものを使うなどといった化粧品を変える工夫も良いかもしれませんね。

 

まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにラインを引くアイメイクも、目をパッチリさせるために効果的なメイク方法ですが、目に異物が入りやすいので、注意するようにしましょう。

 

 

 

 




眼科受診でのアイメイクはしてもいい?



眼科で診察を受ける際にアイメイクをしていても注意をされることは特にないかもしれませんが、なかには“アイメイクは控えめに”という注意書きをしてある眼科もあるようです。できることならばアイメイクはしていかないほうが良いのかもしれません。

 

診察をする際につけまつ毛が取れることや、アイラインやマスカラが落ちて目のなかに入ってしまうということもありますし、お医者さんも気を遣って診察がしにくいと感じるかもしれません。

 

また、レンズの着脱に時間がかかってしまう上に、着脱の際にメイクがレンズについてしまうということもあります。できるだけメイクは控えめにし、診察されることがおすすめです。

 

 

 

 


 
まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにラインを引くアイメイクも、目をパッチリさせるために効果的なメイク方法ですが、目に異物が入りやすいため注意するようにしましょう。また、メイク前やメイクを落とすときやコンタクトレンズを取り外しするときにも注意しましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ