目を酷使した時や、コンタクトレンズを長時間使用した時などに起こる目のしょぼしょぼ。仕事中に症状が出ると不快な上に作業がなかなか進まずに厄介ですよね。その原因と対処法をまとめました。



目がしょぼしょぼする原因とは



目がしょぼしょぼする症状には、実は様々な原因が考えられます。
コンタクトレンズを使っていたり、裸眼でもパソコンを長時間使っていたりすると目の表面が乾燥してしまうことがあり、その結果ドライアイになっている可能性があります。

ドライアイは、瞬きが減ったり、コンタクトレンズによって涙液の供給が少なくなったりすると起こる症状で、目の不快感以外にも、目の充血や眼痛の原因となる事もあります。他には、季節性の花粉症によるものとしても考えられます。
目のしょぼしょぼの最も考えられる原因はドライアイなのですが、それ以外の病気が原因の可能性もあるため、症状が改善しない場合は医療機関の受診も検討しましょう。

 




目の疲れを癒す強い味方



ドライアイの症状を訴える方が増加している一方、ドライアイ対策の強い味方も存在しています。
それは昔から使用されている目薬です
目薬には、目に不足している涙液を補給したり、目の疲れを癒したりする効果があるといわれ、目を酷使する人にとっては欠かせないアイテムの一つでしょう。

コンタクトレンズを使っている方は、通常の目薬ではなくコンタクトレンズ使用者専用の目薬を選んで使うようにしましょう。
また、目薬を使わなくてもドライアイを改善させる方法があります。それは目を温める事です。
目を温める事で涙腺が刺激され、涙液が出やすくするとともに、ピント調節機能のある筋肉をほぐすことができるため、疲れ目も解消することができます。



 

 




目がしょぼしょぼしてしまった時は、無理に作業を続けようとせずに目を休めたり、目薬をさしたりして目を労わってあげましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ