コンタクトレンズを使っていくと、次第にレンズの表面には汚れが付着してくるようになります。しかし、そのような汚れを放置しておくと恐ろしい事態に巻き込まれてしまう可能性も少なくはありません!
コンタクトレンズのなかでも、特に長期間使うタイプのものを使っている方は、特に注意をしながら使用をしていく必要があるでしょう。




コンタクトの汚れには様々な原因がある



コンタクトレンズの汚れの原因は、大きく分けて二種類に分類されます。それは、外部からの影響か、目自体の問題かのどちらかです。

外部からの原因のなかでも代表的なものは、化粧品やほこり、車の排気ガスや手で目を擦るなどがあげられます。
これらは注意を払うことができれば防ぐことはできますが、目自体の影響で汚れてしまう場合には少し厄介になります。

目自体の原因のなかでも代表的なものは、目を覆う油脂やたんぱく質、カルシウムなどの付着があげられます。これらの汚れは外部からの汚れに比べて防止することが難しいため、定期的に洗浄をする、目を健康に保つために定期的に健診に行く、ということが大切です。

 




コンタクトが汚れてしまったらどうするべき?



コンタクトレンズの汚れはそのままにせず、できるだけ汚れを取り除かなくてはなりません。なぜなら、それを放っておくと眼病の原因になる可能性があるためです。病気の予防のためにも、専用の洗浄液を使って正しい洗浄方法で汚れを落としましょう。

まず、異物感や曇りを感じる場合、コンタクトを外してみましょう。光に透かしてみて、白い汚れのようなものが多く見られる場合には、たんぱく除去剤や過酸化水素などを用いて汚れを落としましょう。

また、ハードタイプとソフトタイプは、使用すべき洗浄剤が違うため、自分が使っているコンタクトレンズにはどのような洗浄液が適切なのかを確認しておくと良いでしょう。

ハードタイプの場合、清潔にした手のひらに洗浄液を乗せ、擦り洗いをしていきます。また、ソフトタイプの場合、洗浄保存液で擦り洗いし専用の保存ケースに保存液を入れて指定された時間まで放置し消毒をします。



 




今回はコンタクトレンズの汚れについてご紹介しました。コンタクトの汚れを放置すると、眼病の原因になることもあります。レンズに合った洗浄液で定期的に汚れを落として、目の健康を保ちましょうね。
 

ソフト・使い捨て用洗浄液



ボシュロム レニューフレッシュ 355ml×3本



アルコン AOセプトクリアケア 360ml バリューパック(2本)



ロート Cキューブソフトワンモイストa 500ml


ハード用洗浄液



オフテクス バイオクレンモノケアモイスト 120ml 2本パック



アイミー モイスオブドロップアクア 135ml 2本パック



シード ピュアティモイスト 120ml ツインパック(2本)


関連記事一覧

新着記事

関連タグ