コンタクトレンズを初めて選ぶときは、楽しみな反面不安もありますよね。また、種類が多くどれを選べばよいかわからないこともあります。ハードとソフトのレンズの違い、見え方に応じたレンズの選び方、おしゃれなカラコンなどについてご紹介します。



初めてのコンタクトレンズ選び!まずは用途を確認しよう



初めてコンタクトレンズを選ぶ方のなかには、「レンズによってどのような違いがあるんだろう?」と、疑問に思っている方もいるかもしれません。

ここでは、コンタクトレンズの種類と用途についてご紹介します。

 

・ハードコンタクトレンズ

 

角膜の上に乗せるタイプの、小さく硬い素材でできたコンタクトレンズです。

目への負担が少なく、ゴミやほこりなどが入った際にもすぐ気づくことができるため、安全なレンズです。

一度購入すると数年間は使用できるため、コスパにも優れています

その一方で、毎日のレンズケアが必要外れやすいためスポーツには向かない人によっては装用感に違和感がある、という注意点もあります。

 

・ソフトコンタクトレンズ

 

黒目を覆う形の、大きく柔らかい素材でできたレンズです。目にフィットしやすく、装用感がよいのが特徴です。

使い捨てのワンデータイプ、2週間・1か月交換タイプ、長期間使用できる常用タイプがあり、使用場面や装用する頻度などに応じて使い分けることができます

商品によってはややかかる費用が高い目やレンズが乾燥しやすいゴミやほこりなどが入ったときに気づきにくい、などの注意点があります。

 

 



初心者向けのコンタクトレンズがこちら!



進学や就職などをきっかけにコンタクトレンズにチャレンジしようと考えている方もいるでしょう。

初心者の場合、慣れるまでは着脱などに時間がかかることもあります。

最初は、扱いやすく便利なコンタクトレンズがおすすめです

 

最もおすすめなのが、ワンデータイプのコンタクトレンズです。

ワンデータイプ以外のレンズの場合、装用後に洗浄などのレンズケアが必要になります。

正しくケアを行わなければ、レンズに汚れがたまってしまうことがあります。

ワンデータイプの場合は装用後に捨てるだけでよく、旅行などにケア用品を持参する手間もかかりません

外出の際も予備のレンズを持っていくだけでよいため、万が一出先で外れてしまっても安心です。

 

また、ワンデータイプのレンズは自分の好きなタイミングで使えるため、「休みの日だけ」「スポーツのときだけ」など、使い分けがしやすいのも魅力です。

 

 



コンタクトレンズは遠視や乱視、老眼にも対応しているの?




コンタクトレンズというと、「近視にしか対応していないのでは?」、「若い人向けのアイテムだから年配者は使えない」と考える方がいるかもしれませんが、実際にはそうではありません。

 

近視用はもちろんのこと、遠視用乱視用のコンタクトレンズもあります

そのため、自分の症状に合わせたコンタクトレンズの装用が可能です。

初めての装用の際には必ず眼科の診察を受けるため、自分の見え方を把握したうえで、コンタクトレンズの装用を開始することができます。

 

また、老眼の方を対象とした遠近両用のコンタクトレンズもあります

「老眼鏡や遠近両用メガネは掛けたくない」という方も、コンタクトレンズなら、裸眼と同じような見た目のまま、見えにくさを解消することができます

 

 



ファッション性あふれるコンタクトレンズをご紹介♪



通常のコンタクトレンズ以外に、瞳の印象を変えることができる「カラーコンタクトレンズ(以下、カラコン)があります。

 

お出かけやデート、特別なイベントの際に装用するような派手なタイプのものや元の瞳の色とあまり変わらないナチュラルなタイプのもの、瞳をさりげなく印象的に見せる「サークルレンズ」と呼ばれるものもあります。

女性はもちろん、男性でもカラコンを装用し、おしゃれを楽しむ方もいます。

 

カラコンには、ナチュラルなブラウン系ハーフ顔を目指せるヘーゼル系個性的なブルーグリーングレー系デカ目に見せる黒コンなどがあり、ファッションやメイクに合わせてさまざまなレンズを試すことができます。

初めての方はワンデータイプのカラコンを選ぶことで、複数のカラーやデザインにもチャレンジしやすいでしょう。

 

 



今回は、初めてのコンタクトレンズについてご紹介しました。目的やライフスタイルに合わせて、ぴったり合うコンタクトレンズを見つけてみましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ