コンタクトを装用する生活が長くなると、日によってはコンタクトレンズが取れないときもあるでしょう。そんなときも、焦りは禁物です。無理をして外そうとすることで、目を傷つけてしまう可能性があります。目にうるおいを与えて外すようにするなど、対処法を覚えておくとよいでしょう。



目が乾燥しているかも



コンタクトレンズがなかなか目から外れない場合、「目の乾燥」が原因である可能性が考えられます。

とりわけソフトコンタクトレンズの場合は、素材が柔らかく水分を多く含んでいるため、長時間装用を続けると、目に涙が不足しがちです。

また、その状態のままコンタクトの使用を続けていると、ドライアイになる可能性も高まりますので注意しましょう。


また、ソフトコンタクトレンズを日常生活でひんぱんに使用する、または空調の効いた職場で長時間過ごしたり、PCを長時間使用したりする場合などは、特に目の乾燥が進みやすく、結果レンズが張り付いてしまった!という事態になりがち。

専用の涙液型の目薬をさす適度に目を休ませるなどの対策をとりましょう。

 

 



目を傷つけるやり方は避けよう



コンタクトが目に張り付いてしまったときにやりがちなのが、無理にレンズを外そうとすることです。

張り付いたレンズを無理やり外そうとすると、目を傷つけてしまう可能性が高いため絶対に避けましょう。

おすすめの方法として、まばたきの回数を増やして目に涙を供給させたり、目を閉じてまぶたの上をゆっくり押さえたりするなどがあります。また、コンタクト専用の目薬をさすことで目にうるおいをあたえ、レンズを外しやすくするという方法もあります。

それでも外れない場合は、洗面器やたらいなどに水をはり、水中で目を開ける方法があります。いずれにしても焦らず目を傷つけないような方法を試みることが大切です。

 

 



今回は、コンタクトが外れないときの原因や対策についてご紹介しました。目はデリケートな部分ですから、傷つけないよう外すことを心掛けましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ