「sph」「pwr」など、コンタクトレンズの度数の表記は、コンタクトレンズのパッケージなどによって異なるケースがあります。どちらも同じくレンズの度数を指していますが、「pwr」の表記を見かけることの方が多いかもしれません



sphとpwrの意味



コンタクトレンズを選ぶうえで、「sph」「pwr」などの表記を目にすることがあるでしょう。

sphは「Sphere」の略で、「球」や「球面度数」などの意味を持ちます。

pwrは「Power」の略で、「力」などの意味です。

コンタクトレンズのパッケージには、度数の数値の横にこれらのアルファベットが表記されています。

sphもpwrもどちらも、コンタクトレンズの度数を表しています。

 

また、「D」というアルファベットで表わされることもありますが、基本的には全てコンタクトレンズの度数を示すものです。

度数は0.25単位の小数点で表わされ、遠視用の場合は数値の前に「+」近視用の場合は数値の前に「-」がつきます。

 

 




コンタクトによって表記が異なる理由



コンタクトレンズのパッケージによっては、度数を示すアルファベット表記が異なることがあります。

あるメーカーのコンタクトレンズには「pwr」と書いてあるのに、別のコンタクトレンズには「D」「sph」と書かれていることがあるのです。

なかでもよく使われる表記が「pwr」で、特に、使い捨てタイプのワンデーコンタクトレンズに表記されていることが多い傾向にあります。

また、インターネット通販などで度数を選択して購入する場合も、「pwr」と表記されていることがあります。

「sph」という表記は、使い捨てコンタクトレンズなどの場合はあまり見かけないかもしれません

 

 



今回は、コンタクトレンズの度数の表記についてご紹介しました。度数を示すアルファベットの意味を覚えておき、購入時には度数をチェックしましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ