コンタクトレンズを装用したまま、X線検査を受けるのはやめてください。CTスキャンの場合、カラコンのような金属が含まれたレンズを装用していると、検査結果に支障が出てしまうことがあります。自身の安全を守るためにも、検査時は必ずコンタクトレンズは外しましょう。



金属はX線を通しにくい?



CTスキャンなどのX線検査を受ける時、「コンタクトレンズは装用したままでいいの?」と疑問に思ったことがある人もいるかもしれません。

特にカラコンを装用している人の場合、レンズに酸化鉄などの金属が含まれているものもあるため、気になる人もいるでしょう。

例えば、CTスキャンの場合X線は金属を通しにくいため、仮に装用したまま検査を受けてしまったとしても、X線が目に影響を与える可能性は低いことが予想されます。

しかし、レンズに金属を利用している場合、その部分が映りこんでしまい、検査が正しくできなくなってしまう可能性があります。

また、例えばMRI検査を受ける場合、カラコンの金属部分が目に悪影響を与えてしまうことがあります。

 

 




コンタクトは外して検査を受けましょう



X線検査を受ける時は、必ずコンタクトレンズを外して受けるようにしてください。

基本的にX線検査を受ける時は、コンタクトレンズや眼鏡のほか、時計やアクセサリーなどの貴金属類も外して受けるよう指示されるのが一般的です。

金属が含まれていない普通のコンタクトレンズを装用していたとしても同じです。

目に影響がなかったとしても、検査結果に支障が出てしまっては困りますよね。

コンタクトレンズは外からだとわかりにくいこともあり、検査の担当者が見てもレンズを装用していることを気づかない場合もあります。

 


 



今回は、コンタクトレンズとX線検査の関係をご紹介しました。ついうっかり外すのを忘れてしまった…ということがないよう、「X線検査の時はコンタクトレンズを外す」と覚えておきましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ