コンタクトを買うときは、眼科でもらえる「CL指示書」という処方箋のようなデータの提示を必要とする販売店も多いです。眼科の費用は1000~3000円程度のため、初めてコンタクトレンズを購入するときは必ず検査を受けましょう。



処方箋は眼科でしか出してもらえないの?



眼科で検査を受けると、眼科医から「CL指示書」と呼ばれる、コンタクトレンズの規格や数量、装用方法などのデータが記載された用紙がもらえます。

CL指示書は、処方箋と呼ばれることもあります。

コンタクトレンズの販売店などではこちらに記載された内容をもとに、コンタクトレンズを販売します。

CL指示書がなくても購入できる販売店もありますが、安全性を考慮するためCL指示書やデータがないと販売しないという店舗もあります。

 

基本的に、初めてコンタクトレンズを買うときは眼科で検査を受け、CL指示書をだしてもらってから販売店にいくのが一般的です。

眼科によっては、CL指示書を出してもらえないこともあるため、事前に調べておきましょう。

 

 



大体いくらくらいかかるの?!



コンタクトレンズを作る際に眼科で受ける検査の費用は、大体1000円~高くても3000円程度です。

コンタクトレンズの販売店に行くと提携先の眼科を紹介されるため、そちらへ行って検査を受けます。

内容は視力検査や眼科医による目の検査などです。

その後、コンタクトレンズを装用してよいという許可が出たら、コンタクトレンズの種類を選んで実際に装用し、見え方をチェックした後に脱着の練習などを行います。

 

眼科の検査を受ける費用自体はそれほど高くないため、必ず受けるようにしましょう。

「検査費用がもったいない」と、通販サイトなどでコンタクトレンズを購入して装用すると、目のトラブルを引き起こす可能性があります。

 

 


 

今回は、コンタクトレンズの処方箋について紹介しました。眼科で検査を受け、きちんとCL指示書をもらうようにしましょう。

 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ