どのコンタクトレンズが自分に合っているのか、良く分からないまま選んでしまうと、選んだ後に違和感が出てきたり、他のものを選べば良かったと後悔する結果になることもあります。種類別に比較することで特徴がわかり、ご自身にぴったりのコンタクトレンズを選ぶことができます。



コンタクトレンズの各種類をご紹介!特徴を知ろう



コンタクトレンズの種類は一つではありません。それぞれにどのような特徴があるかご紹介します。
【ハードコンタクトレンズ】
ハードコンタクトレンズはサイズが小さく、レンズに水分を含んでいません。名前の通り、レンズが固く作られていて、多くの酸素を通す特徴があります。そのため角膜に酸素が届きやすく、目のトラブルが比較的少ないです。
【ソフトコンタクトレンズ】
ハードよりも大きく、水分を多く含んでいます。やわらかいので装用時の違和感が少なく、装用のしやすさが特徴です。酸素を通しにくいですが、素材に含んだ水分で角膜に酸素を届けています。


ソフトコンタクトレンズには常用タイプと使い捨てタイプがあります。
【1日使い捨てタイプ】
1回きりの使用のため、汚れを落とすなどのケアが必要ありません。手軽に使えますが、使い捨てタイプの中では価格が高めです。
【2週間/1か月使い捨てタイプ】
2週間、もしくは1か月使ったら新しいレンズに交換します。1日使い捨てタイプよりも費用が安いですが、毎日のお手入れが必要です。通年で使うタイプよりも汚れがたまりにくいです。

 




自分に合うコンタクトレンズの種類を知ろう



自分に合うコンタクトレンズがどれか知りたい場合は、コンタクトレンズそれぞれの特徴を比較することが大切です。
ハードは慣れるまでに時間がかかりますし、いつまでも装用時の違和感に慣れない方もいますが、目のトラブルの発生率はソフトよりも低いですし、素材も丈夫です。
目が乾燥しやすい人は、ソフトよりもハードが適しているかもしれません。

 

 

 




ソフトは初めてコンタクトレンズを使う方にも扱いやすい素材です。使用頻度が高くない場合はケアが不要なワンデータイプが適しているでしょう。コストが気になる場合は2WEEK、1か月使い捨てタイプが適していますが、毎日正しいケアをきちんとしていないと目のトラブルを起こしやすくなります。使用感やコストなど、総合的に判断して決めましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ