コンタクトレンズを購入したいけれど目の度数が分からない…。
コンタクトレンズの度数は、目の見え方を左右する重要な指標ですので、正確な度数を知って自分の目に合ったコンタクトを購入するのが大切です。
そこで今回は視力の度数を測るにはどうすればいいのかについてご紹介します。


度数は自分で測れるの?


結論から言うと、正確な度数を自分で測ることはできません

一般的に言われている「度数」とは矯正度数のことを指します。
視力には近視や乱視など人それぞれに違った要素があるので、視力が同じ人同士でも「度数」は微妙に変わってしまうのです。
また、コンタクトレンズの度数とメガネの度数も違うので、メガネと同じ度数でコンタクトレンズを購入すると目に合わないものになってしまいます。

コンタクトレンズやメガネは視力の悪い人にとって日常生活を送るうえでとても重要なものですから、安全や健康のためにも事前に眼科での測定を受けるように心がけ、自分に合う度数のコンタクトレンズを使用しましょう。

 


度数を測るなら眼科の受診が大切!


最初に正確な度数を測るためには眼科を受診してしっかりと測定してもらうことが大切です。
コンタクトレンズを購入するときは先に眼科での処方箋が必要なので、買いたいコンタクトレンズが決まったら、眼科で視力検査や度数を計ってもらいましょう。

また、眼科では測定のほかに診察やコンタクトレンズのフィッティングがあります
このフィッティングとはコンタクトレンズの種類を試したり、初心者の人に付け方などをレクチャーしてくれたりするもので、初めてコンタクトを買う場合でも1人で付けられるように練習させてくれます。

ほかにも、気付かないうちにドライアイなどになっている人も多いので、定期的にきちんと診察を受けることも重要です。受診料も約数百円~2,000円と安いので、コンタクトレンズを購入する前には度数を計りにいくとよいでしょう。

 




今回は度数について紹介しました。
眼科に行くことはめんどくさいと思う方もいるかと思いますが、度数の合わないコンタクトを付けていると、さらに視力が悪化してしまう場合があります。
コンタクトは医療器具ですので、しっかりとした診断を受けてから購入するようにしましょう。
 


関連記事一覧

新着記事

関連タグ