ハーフ顔や綺麗系美人な顔に憧れる女性は多いですよね。とは言え、どのようなカラコンを選ぶべきか分からない方もいるでしょう。また、メイクの仕方が分からずに憧れの綺麗系美人になかなか近づけないという方もいるはずです。ハーフカラコンの選び方とメイク法を知って、綺麗系美人に向かって一歩前進してください!



ハーフカラコンはやっぱりグラデーションのものを!



ハーフカラコンとはブラウンやヘーゼル、グレー、ブルー、グリーンなど、ハーフの方や外国人のような明るい瞳の色に近いカラコンを指します。

以前は高発色ではっきりとした印象のレンズが人気でしたが、最近では発色が強すぎず透明感を出せるナチュラルな印象のレンズが人気を集めています。

 

ハーフカラコンとしておすすめのデザインは、色がグラデーションになっているものです。

外側のふちが色濃くくっきりとしていて、内側にいくにつれてだんだん明るくなっているカラコンなら自然に瞳の色を変化しつつハーフ顔へぐっと近づけてくれます。

 

特に、いくつかの色が混ざった「○色グラデーション」とうたっているカラコンがおすすめです。

 

 



ベースメイクは青やピンクで黄色味をなくして透明感のある肌へ



綺麗系美人のハーフ顔を目指すなら、まずは透明感のある肌をつくりましょう。

ここでは、ベースメイクのポイントをお伝えします!

 

まず、メイクをする前には洗顔をして汚れを落とし、化粧水や乳液でしっかりと保湿してください。

肌が乾燥したままだと化粧ノリが悪くなってしまうだけでなく、肌トラブルの原因にもなります。

メイク前はしっかりと保湿してくださいね。

 

そして、ベースメイクですが透明感を重視するなら、肌に合わせた色よりもピンクパープル系のものを使用しましょう。

青やピンクの化粧下地は肌の黄色味や赤味を抑えてくれます。

下地を顔全体に薄く伸ばしてからファンデーションをつけるようにしましょう。

 

ファンデーションはマットなものよりも、ツヤが出るものの方がより透明感が際立ちます。

また、透明感を求めるのであれば、下地やファンデーションをつけすぎないことも大切です。

 

 



ハイライト・グラデーションアイシャドウでメリハリを!




ベースメイクで肌に透明感を持たせたら、次はメリハリが大事です!

 

ハイライトやシェーディングで顔の凹凸を表現しましょう。

目の下やTゾーン、顎などにハイライトを入れ、頬骨の下や鼻の横、輪郭にシェーディングを入れてぼかしていくと、顔の凹凸がナチュラルに表現できます。

 

アイシャドウはピンク系のグラデーションが合います。

アイホール全体に薄いピンクのアイシャドウを伸ばしましょう。

それから二重幅ぐらいまでに少し濃いめのピンク、まぶたのキワにはピンク系のブラウンを引いて完成です。

 

目尻のアイラインは強調しすぎず、アイシャドウでぼかすように入れるのがポイントです。

 

 



眉は自眉より少し明るめの色で、目との距離を狭くするように描く!



最後に眉メイクです。

眉の形は顔全体の印象を左右する大事なポイントですので、慎重に取り組んでください。

 

綺麗系美人のハーフ顔と言えば、眉と目の距離が近いことを思い浮かべる方も多いでしょう。

眉と目の間を狭くすれば、彫りが深くなったように見えます。

 

したがって、眉を描く際は下のラインを足すようにして眉と目を近づけてください。

角度をつけすぎずに、平行眉をイメージして最後に眉尻を少し長め・下げ気味に描くことがポイントです。

 

髪や瞳の色に合わせて、眉マスカラも使ってみましょう。

毛流れに逆らうようにつけていくときちんと色がついて自然に仕上がります。

 

眉の形ができあがったら眉の下にほんの少しだけハイライトを仕込むとさらに彫りが深く見えますよ!

 

 



今回はハーフカラコンの選び方と綺麗系美人顔に近づくためのメイクのポイントについてご紹介しました。憧れの顔に一歩近づくために、ぜひチャレンジしてください。
 

メアシスおすすめ!綺麗系美人な顔に近づくハーフカラコン



アルコン フレッシュルックデイリーズ ピュアヘーゼル(10枚)



アルコン フレッシュルックデイリーズ ブルー(10枚)



アルコン フレッシュルックデイリーズ グレー(10枚)



アルコン フレッシュルックデイリーズ グリーン(10枚)



シンシア フェアリー1DAY プリンセス ブラウン(10枚)



シンシア フェアリー1DAY プリンセス バイオレット(10枚)


関連記事一覧

新着記事

関連タグ